研修生集合
image clip

研修生DIARY

2022.01.31

“未来牧場の”牧草ロールが出来るまで ラップマシーン編

いよいよ最終工程となりました。

ラップマシーン編です!

ロールベーラーによって丸められた牧草ロールは

ラッピングマシーンに乗せられグルグルとラップを巻かれていきます。

 

この巻き数にも設定があります。

また、巻き方にムラが出ると発酵品質が低下するため、最後まで気は抜けません。

 

きっちりと密閉されたロールパックサイレージは、

2か月間の発酵期間を経て牛さんたちに給与されます。

 

丹精込めて作ったロールを初めて開封する瞬間や、

牛さんに与える瞬間はいつもドキドキです!

 

おいしそうにむしゃむしゃと食べる姿を見ることが出来たら、

牧草収穫時期の苦労が報われたと嬉しい気持ちになります。

 

 

これまで牧草ロールが出来るまでの過程を書いてきましたが、

どうだったでしょうか?

 

いつも皆さんが飲んでいる牛乳は、おいしい草づくりから始まっている。

ということを少しでも理解していただけたら幸いです!

他の記事を読む